一般演題

第1会場 第2会場
第3会場
第4会場
第5会場
2号館4F 2401 2号館1F 2104 1号館2F 1204 1号館2F 1205 1号館1F 1102
9:00~10:00
一般演題
セッション1 (教員)
演題番号:1〜6
9:00~10:00
一般演題
セッション4 (教員)
演題番号:19〜24
9:00~10:00
一般演題
セッション7 (学部生)
演題番号:43〜49
9:00~10:00
一般演題
セッション11 (院生)
演題番号:72〜78
9:00~10:00
一般演題
セッション15 (教員)
演題番号:37〜42
10:00~11:00
一般演題
セッション2 (教員)
演題番号:7〜12
10:00~11:00
一般演題
セッション5 (教員)
演題番号:25〜30
10:00~11:00
一般演題
セッション8 (学部生)
演題番号:50〜56
10:00~11:00
一般演題
セッション12 (院生)
演題番号:79〜85
10:00~10:40
一般演題
セッション16 (学部生)
演題番号:68〜71
11:00~12:00
一般演題
セッション3 (教員)
演題番号:13〜18
11:00~12:00
一般演題
セッション6 (教員)
演題番号:31〜36
11:00~12:00
一般演題
セッション9 (学部生)
演題番号:57〜63
11:00~12:00
一般演題
セッション13 (院生)
演題番号:86〜92
10:50~12:00
一般演題
セッション17 (院生)
演題番号:100〜107
    13:15~13:55
一般演題
セッション10 (学部生)
演題番号:64〜67
13:15~14:15
一般演題
セッション14 (院生)
演題番号:93〜99


発表者のみなさまへ


  • 一般演題は発表7 分、質疑応答3 分、学生演題は発表6 分、質疑応答2 分でご準備ください。発表終了時間1 分前に1 回、終了時に2 回、質疑応答時間終了時に3 回、の合図をさせていただきます。時間厳守での発表をお願いいたします。
  • 特別講演・シンポジウムなどにつきましては司会者の指示に従ってください。
  • 発表資料は、すべてMicrosoft 社のPowerPoint によるPC 発表のみとします。
  • 発表用PC のOS はWindows10、ソフトウェアはPowerPoint2013 を使用いたします。
  • スライドの枚数に制限はありませんが、動画ファイル等については動作保障いたしません。
  • 発表ファイルは、下記の時間(原則として発表開始1 時間前)までに各会場のPC 受付(2号館1 階受付)へご提出および試写をお願いします。発表者は発表データを記録媒体(USBフラッシュメモリーに限る)に保存して、ご用意願います。
  • データは発表後に事務局の責任で消去します。
    • ○ 9 月1 日午前9:00~10:00 開催分(セッション1、4、7、11、15) 9 月1 日8:30 まで
    • ○ 9 月1 日10:00 以降開催分  9 月1 日発表開始1 時間前まで 
      • ※ 特別講演・シンポジウム等の講演者の方は発表の30 分前までにご提出ください。
  • ご自身のパソコンを持ち込んでの発表はお断りいたします。
  • 学生発表者のセッション7~14、16~17では、各セッション(各4~8演題)ごとに優秀発表賞を選考します。優秀発表賞の発表および表彰状の授与を、9 月1 日大会長講演終了後に16:50 より2 号館4 階講義室(2401 室)にて行いますので、学生発表者は会場にお集まりください。

▲ ページトップへ

会場1 (2401)
一般演題(教員セッション)


■セッション1
9月1日(木)9:00~10:00
座長:藤本 一満 (倉敷芸術科学大学)

演題番号 演者
所属 演題名
1 永瀬 澄香 川崎医療短期大学 臨床検査科 新しく開発したPAMでんぷん反応の活用 ~簡単で楽しいアミラーゼ実験の試み~
2 溝越 祐志 神戸常盤大学 保健科学部 医療検査学科 阻害剤を用いたプレセプシン産生経路に関するin vitro 解析
3 澁谷 雪子 神戸常盤大学 保健科学部 医療検査学科 臨床検査試料としての唾液の有用性
4 高嶋 眞理 新渡戸文化短期大学 臨床検査学科 血液凝固cross-mixing testの疑似異常検体(即時型のインヒビター)の作製について
5 山口 航 香川県立保健医療大学 保健医療学部 臨床検査学科 単球-血小板凝集法測定における血小板数の影響
6 澤村 暢 神戸常盤大学 保健科学部 医療検査学科 FGA,FGB,FGGの相互作用によるフィブリノゲン分泌への影響

▲ ページトップへ

■セッション2
9月1日(木)10:00~11:00
座長:酒井 伸枝 (埼玉県立大学)

演題番号 演者
所属 演題名
7 鈴木 真紀子 静岡医療科学専門大学校 臨床検査学科 静岡県臨床衛生検査技師会活動参加が学生に与えた効果について
8 市野 直浩 藤田保健衛生大学 医療科学部 “アセンブリⅡ”チームワークと地域連携強化を目指した多職種連携教育プログラム
9 柳田 隆正 藤田保健衛生大学 医療科学部 スペシャルオリンピックス日本・愛知のボランティアとしてボッチャ競技に参加して
10 栗岡 誠司 神戸常盤大学 保健科学部 「神戸常盤大学サイエンスボランテイアの試み -教えることによる“学生の学びの深化”をもとめて-」
11 鈴木 高史 神戸常盤大学 本学(神戸常盤大学)におけるグローバル教育の現況
12 近末 久美子 川﨑医療短期大学 臨床検査科 医療系短大臨床検査科学生における自尊感情とストレス反応について

▲ ページトップへ

■セッション3
9月1日(木)11:00~12:00
座長:松原 朱實 (熊本保健科学大学)

演題番号 演者
所属 演題名
13 松村 京子 栃木県立衛生福祉大学校 臨床検査学部 医療面接実習による医療コミュニケーション能力向上への取り組み(第2報)
14 杉山 育代 神戸常盤大学 保健科学部 医療検査学科 「 考えて臨床検査を行う 」臨床検査技師を育てる初期教育
15 大河戸 光章 杏林大学 保健学部 臨床検査技術学科 学生の受講スイッチをONにする試み
16 山崎 麻由美 神戸常盤大学 専門英語教育において学生の意欲を高めるための取り組み
17 神永 教子 NPO法人  響き合いネットワーク東京SPの会 3つの技師育成校で模擬患者による講義と医療面接での効果について
18 小野川 傑 杏林大学 保健学部 臨床検査技術学科 臨床検査学教育において「学生の考える力」をどうやって引き出すか? -初年度早期教育の場合-

▲ ページトップへ

会場2 (2104)
一般演題(教員セッション)


■セッション4
9月1日(木)9:00~10:00
座長:駒井 浩一郎 (神戸大学)

演題番号 演者
所属 演題名
19 亀山 広喜 熊本保健科学大学 保健科学部 医学検査学科 病理検査学実習におけるバーチャルスライドシステムの活用について
20 中野 智裕 純真学園大学 保健医療学部 検査科学科 動物臓器の病理検査学実習への応用
21 花尾 麻美 東京工科大学 医療保健学部 臨床検査学科 生理検査学実習におけるルーブリックを用いたレポート評価の試み
22 後藤 きよみ 関西医療大学 保健医療学部 臨床検査学科 本学における生理機能検査学教育の取り組み -主に超音波検査実習の習得度向上を目指して-
23 佐川 輝高 愛媛県立医療技術大学 保健科学部 唾液ABO抗原検出実習における煮沸の必要性
24 宮城 佐紀 湘央医学技術専門学校 輸血検査学実習における本校での取り組み

▲ ページトップへ

■セッション5
9月1日(木)10:00~11:00
座長:小西 靖志 (京都保健衛生専門学校)

演題番号 演者
所属 演題名
25 松原 朱實 熊本保健科学大学 医学検査学科 臨地実習前に臨床検査システムを導入した学内実習の教育プログラムの構築
26 杉本 恵子 藤田保健衛生大学 医療科学部 臨床検査学科 有意義な臨地実習に向けた学内心電図実習からの底上げ 第1報 ~心電図実技試験の導入~
27 畑中 重克 社会医療法人生長会 府中病院 臨床検査室 臨地実習におけるチーム医療教育の取組み~信念対立解明アプローチを取り入れて~ 第3報
28 水上 紀美江 湘央医学技術専門学校 客観的臨床能力試験(OSCE)の試みとその効果について―第2報―
29 會田 雄一 筑波大学 医学医療系 筑波大学における臨地実習前OSCEの開発に向けた取組
30 駒井 亘 大阪医療技術学園専門学校 臨床検査技師養成校における医療安全教育に対するルーブリック教育法導入の試み

▲ ページトップへ

■セッション6
9月1日(木)11:00~12:00
座長:内堀 毅 (湘央医学技術専門学校)

演題番号 演者
所属 演題名
31 中井 未来 文京学院大学 保健医療技術学部 臨床検査学科の学生に対する免疫学的便潜血反応における採便方法教育の効果
32 中平 洋子 愛媛県立医療技術大学 保健科学部 臨床検査技師教育課程に「患者・家族の心理」を導入した成果(1) ―授業終了後のレポート・感想文から―
33 高田 智世 愛媛県立医療技術大学 保健科学部 臨床検査技師教育課程に「患者・家族の心理」を導入した成果(2) ―卒業生へのアンケートから―
34 湯本 正洋 新潟医療技術専門学校 臨床検査技師科 12年間の学生生活実態調査における本校の現状と課題
35 關谷 暁子 金沢大学 医薬保健学域 保健学類 学生と現役技師が抱く「良い臨床検査技師」像の比較
36 嶋田 かをる 熊本保健科学大学 保健科学部 医学検査学科 修学上特別な配慮を必要とする学生への就職支援 - 就職支援ワーキンググループの設置 -

▲ ページトップへ

会場3 (1204)
一般演題(学部生セッション)


■セッション7
9月1日(木)9:00~10:00
座長:奥宮 敏可 (熊本大学)

演題番号 演者
所属 演題名
43 藤原 知輝 香川県立保健医療大学 保健医療学部 臨床検査学科 末期腎臓病患者における血液透析前後の酸化ストレス度と抗酸化力について
44 森田 有紀 埼玉県立大学 保健医療福祉学部 健康開発学科 検査技術科学専攻 ヒトアルブミンを共通のキャリブレータとする総蛋白、アルブミン測定法の評価
45 長島 佳美 埼玉県立大学 保健医療福祉学部 健康開発学科 検査技術科学専攻 IFCC法によるALP活性と互換性のあるALPアイソザイム分析法の考案
46 芦川 茉帆 埼玉県立大学 保健医療福祉学部 健康開発学科 検査技術科学専攻 血液型や食事の影響を受けないALP活性測定法に関する検討
47 三浦 拓海 帝京大学 医療技術学部 臨床検査学科 L/H比の性差-検査値の分布と心血管イベントとの関係-
48 山本 紗耶加 帝京大学 医療技術学部 臨床検査学科 non-HDL-Cの臨床的有用性-心血管疾患・糖尿病および危険因子について-
49 柏木 悠里 弘前大学 医学部保健学科 検査技術科学専攻 急性放射線症候群バイオマーカーとしての血清中循環microRNA

▲ ページトップへ

■セッション8
9月1日(木)10:00~11:00
座長:下廣 寿 (鳥取大学)

演題番号 演者
所属 演題名
50 山田 有希子 神戸常盤大学 保健科学部 医療検査学科 へミンおよび鉄化合物による細胞死誘導:Ferroptosisにおける鉄の役割の検討
51 鈴木 景子 埼玉県立大学 保健医療福祉学部 健康開発学科 クロロキンとPhytochemicals、NSAIDsの併用によるリンパ性腫瘍細胞株増殖抑制の検討
52 中村 鈴音 埼玉県立大学 保健医療福祉学部 健康開発学科 検査技術科学専攻 Phytochemicals,NSAIDsとクロロキンの併用による骨髄系造血器腫瘍細胞株増殖抑制の検討
53 田縁 真子 関西医療大学 保健医療学部 臨床検査学科 アルコール代謝関連遺伝子ADH2、ALDH2の一塩基多型と大学生の飲酒に対する体質及び習慣との関連解析
54 河野 真優美 岡山大学 保健学科検査技術科学 ウェスタンブロット分析における検出バンドの異同の確認方法の検討
55 山田 直 弘前大学 医学部保健学科 検査技術科学専攻 細胞外へ分泌される膜小胞エキソソームは不均一な集団である
56 大津 もも 大東文化大学 スポーツ・健康科学部 健康科学科 生殖補助医療技術の習得 -動物由来の配偶子・胚を用いて-

▲ ページトップへ

■セッション9
9月1日(木)11:00~12:00
座長:山口 博之 (北海道大学)

演題番号 演者
所属 演題名
57 下蔵 尚弥 大阪医療技術学園専門学校 臨床検査技師学科 透過型電子顕微鏡の検出限界の検討
58 猪野 楓 香川県立保健医療大学 保健医療学部 臨床検査学科 人畜共通病原細菌Edwardsiella tarda の新規タイプIIIエフェクターORF13の機能解析
59 野間 大貴 大阪医療技術学園専門学校 臨床検査技師学科 カルバペネム耐性大腸菌の分子疫学的解析
60 布谷 亮裕 大阪医療技術学園専門学校 臨床検査技師科 手洗い方法の違いによる手指衛生の有用性の検討
61 坂本 倭
弘前大学 医学部 保健学科検査技術科学専攻
自由生活性アメーバ:Balamuthia mandrillarisの青森県内生息分布と16S rRNA領域の比較
62 関東 和樹 弘前大学 医学部 保健学科検査技術科学専攻
髄膜脳炎を惹起するBalamuthia mandrillarisの生息土壌環境の分析
63 米田 季布 関西医療大学 保健医療学部 臨床検査学科 クロモアガーオリエンタシオン培地を用いた簡易同定法の迅速化に関する検討

▲ ページトップへ

■セッション10
9月1日(木)13:15~13:55
座長:中村 浩二 (岐阜医療科学大学)

演題番号 演者
所属 演題名
64 三好 陽菜 香川県立保健医療大学 保健医療学部 臨床検査学科 生体電気インピーダンス法(bioelectrorical impedance analysis:BIA)を用いた筋肉量と肺活量(VC)の比較検討
65 北 睦実 神戸常盤大学 保健科学部 医療検査学科 認知症と脳波に関する文献的検討
66 須广 佑介 神戸常盤大学 保険科学部 医療検査学科 子宮頸がん検診における日本と海外の比較~日本の検診受診率~
67 石川 良侑 神戸常盤大学 保健科学部 子宮頸がんの啓発活動の認知度と性教育について

▲ ページトップへ

会場4 (1205)
一般演題(院生セッション)


■セッション11
9月1日(木)9:00~10:00
座長:大瀧 博文 (関西医療大学)

演題番号 演者
所属 演題名
72 長谷川 洋 文京学院大学大学院 保健医療科学研究科 反復性尿路感染症由来大腸菌の再発メカニズムの解析
73 山中 凌 神戸大学大学院 保健学研究科 病態解析学領域 分析医科学分野 インドネシアで分離されたVibrio choleraeの疫学解析 
74 大貫 倖平 文京学院大学大学院 保健医療科学研究科 様々な条件下におけるPseudomonas aeruginosaの各種motilityの検討
75 鈴木 光一 文京学院大学 保健医療科学研究科 多剤耐性緑膿菌(MDRP)とnon-MDRPの外毒素産生性についての比較検討
76 鈴木 周朔 文京学院大学大学院 保健医療科学研究科
in vitroでのマクロライド系薬剤長期暴露による緑膿菌への経時的影響
77 栗田 友輔 文京大学大学院 保健医療研究科 MDRPの耐性機構の解析
78 越川 拓郎 文京学院大学大学院 保険医療科学研究科 関東で分離されたNeisseria gonorrhoeaeの薬剤感受性パターンの年次推移

▲ ページトップへ

■セッション12
9月1日(木)10:00~11:00
座長:柴倉美砂子 (岡山大学)

演題番号 演者
所属 演題名
79 土井 洋輝 藤田保健衛生大学 大学院保健学研究科 センシンレン(ハーブ)に含まれているアンドログラフォリドの抗腫瘍効果について
80 渡辺 彩乃 大阪大学大学院 医学系研究科 保健学専攻 生体情報講座 自己免疫性甲状腺疾患の病態とCD80遺伝子多型との関連
81 金重 里沙 山口大学 大学院 医学系研究科 保健学専攻 生体情報検査学領域 抗リン脂質抗体による活性化プロテインC系凝固制御機構の阻害作用
82 我毛 美鈴 山口大学 医学系研究科 保健学専攻 生体情報検査学領域 全血を用いたフローサイトメトリーによる活性化血小板定量法
83 大薮 沙也果 名古屋大学大学院 医学系研究科 生体防御機構の誘導を指標とした有害物質の評価法の探索
84 芝田 和弥 東京医科歯科大学大学院 保健衛生研究科 膠原病患者の自己抗体が肺動脈平滑筋細胞へ及ぼす作用の検討
85  山本 紗由美 岡山理科大学大学院 理学研究科 臨床生命科学専攻 鼻炎モデルマウスにおける熱ショックタンパク質発現誘導の影響

▲ ページトップへ

■セッション13
9月1日(木)11:00~12:00
座長:窪田哲朗 (東京医科歯科大学)

演題番号 演者
所属 演題名
86 小林 巧 文京学院大学大学院 保健医療科学研究科 生体分子機能情報解析学 PCRに用いるDNAポリメラーゼの3'-5'エクソヌクレアーゼ活性の個人識別への影響
87 田淵 匠 岡山大学大学院 保健学研究科検査技術科学分野 酸性溶液中で界面活性剤抵抗性を示す造血器腫瘍細胞と細胞周期との関連性
88 田中 颯 神戸大学大学院 保健学研究科 病態解析学領域 日本人回帰性リウマチ患者におけるPYCARD/ASCスプライスバリアント産生機序の解明
89 石橋 潤一 熊本大学 大学院 保健学教育部 遺伝性代謝病発症への複合型遺伝子多型の関与
90 大日方 友理 北里大学大学院 医療系研究科 臨床免疫学
遺伝性パーキンソン病患者由来iPS細胞のゲノム編集および病態解析
91 柴田 弥拡 京都大学 大学院 医学研究科 人間健康科学系専攻 全ての遺伝子型のチクングニアウイルスを検出可能とする新規遺伝子増幅法の開発
92  関根 将 京都大学大学院 医学研究科 人間健康科学系専攻 サル骨髄造血幹細胞移植マウスへのサル免疫不全ウイルス (SIV) 感染実験 

▲ ページトップへ

■セッション14
9月1日(木)13:15~14:15
座長:茅野秀一 (埼玉医科大学)

演題番号 演者
所属 演題名
93 高須 大輔 名古屋大学大学院 医学系研究科 医療技術学専攻病態解析学分野 切片厚が乳癌HER2免疫染色に及ぼす影響
94 猪原 千愛 岡山大学大学院 保健学研究科 検査技術科学分野 吸光度の違いによるEUS-FNA穿刺検体の選別に関する基礎的検討
95 久米川 侑美 徳島大学 大学院 保健科学教育部 生検心の病理学的検討 -徳島大学病院で5年間に実施された心筋生検-
96 重冨 伶奈 中部大学大学院 生命健康科学研究科 生命医科学専攻 糖尿病患者における創傷治癒:糖尿病モデルマウスを用いた基礎的検討
97 森田 裕奈 岡山理科大学大学院 理学研究科 臨床生命科学専攻 熱ショックタンパク質発現と大動脈における動脈硬化進行の関係
98 佐田國 真生 神戸大学大学院 保健学研究科 病態解析学領域 筋層浸潤性膀胱癌の増悪におけるヘッジホッグシグナルの役割及び上皮間葉転換との関連に関する検討
99 中田 浩貴 東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 形態・生体情報解析学分野 コンデンシン-IIノックダウン染色体の超微構造解析

▲ ページトップへ

会場5 (1102)
一般演題(教員・学部生・院生セッション)


■セッション15(教員)
9月1日(木)9:00~10:00
座長:網崎孝志 (鳥取大学)

演題番号 演者
所属 演題名
37 丹羽 俊文 東北大学大学院 医学系研究科 卒業研究発表会の聴講が学部2年生に与える効果
38 笹岡 悠一 北里大学保健衛生専門学院 生理機能検査学特論における授業評価の結果
39 高松 邦彦 神戸常盤大学 保健科学部 医療検査学科 神戸常盤大学 保健科学部 医療検査学科 の入学時における統計学教育に関して
40 関 雅幸 神戸常盤大学 保健科学部 医療検査学科 臨床検査技師養成課程における「プログラミング教育」を通じて自動分析装置の仕組みを理解させる教育実践報告
41 佐野 太亮 学校法人玉田学園 神戸常盤大学 保健科学部 医療検査学科 神戸常盤大学細胞検査士教育における遡及的考察
42 嶋田 かをる 熊本保健科学大学 保健科学部 医学検査学科 第62回『臨床検査技師国家試験』受験に伴う厚生労働省への配慮申請 - 修学上特別な配慮を必要とする学生への国家試験受験のための支援 -

▲ ページトップへ

■セッション16(学部生)
9月1日(木)10:00~10:40
座長:長濱大輔 (新潟医療福祉大学)

演題番号 演者
所属 演題名
68 三宅 昂太郎 麻布大学 生命・環境科学部 低亜鉛飼料給餌マウスにおける黄砂の肺毒性
69 橘田 明音 大阪医療技術学園専門学校 臨床検査技師科 細胞診における固定液の検討
70 下栗 佳那美 山口大学大学院 生体情報検査学 Epstein-Barr virus 陽性胃癌の臨床・病理学的特徴
71 平山 将也 藤田保健衛生大学 医療科学部 臨床検査学科 マウス脈絡叢上皮細胞質内のグリコーゲンについて

▲ ページトップへ

■セッション17(院生)
9月1日(木)10:50~12:00
座長:渡邉 幹夫 (大阪大学)

演題番号 演者
所属 演題名
100 上田 裕子 名古屋大学大学院 医学系研究科 医療技術学専攻 病態解析学講座 β-ラクタム系抗生物質が血中アルブミン測定に及ぼす影響
101 田上 凌 岡山理科大学大学院 理学研究科 臨床生命科学専攻 熱ショックタンパク質発現誘導がマウス記憶・学習行動に与える影響
102 宇高 裕太 岡山理科大学大学院 理学研究科 臨床生命科学専攻 熱ショックタンパク質がマウスうつ様行動に与える影響
103 米田 護 名古屋大学大学院 医学系研究科 病態解析学講座 食塩感受性高血圧ラットに対するL/N型カルシウム拮抗薬の晩期投与の拡張期心不全抑制効果の検討
104 道下 弘紀 名古屋大学大学院 医学系研究科 医療技術学専攻 一般線形混合モデルを用いた曜日ごとの歩数および睡眠時間変化の解析
105 長田 祥弥 香川県立保健医療大学大学院 保健医療学研究科 保健医療学専攻 日和見感染起因菌の内因性血液感染機構の解析-Ⅰ -腸管上皮細胞透過活性とタイプⅢエフェクターについて-
106 山根 知 香川県立保健医療大学大学院 保健医療学研究科 保健医療学専攻 日和見感染起因菌の内因性血液感染機構の解析-Ⅱ -腸管上皮細胞層透過活性と運動性-
107 森本 悠里 徳島大学 保健科学教育部 微生物・遺伝子解析学分野 高脂肪食により誘導される生活習慣病のリスクに対する玄米発酵食品の影響

▲ ページトップへ